So-net無料ブログ作成
八重山旅行2007年 春 ブログトップ

石垣島の旅 [八重山旅行2007年 春]

八重山旅行4日目は竹富島と石垣島

朝、宿の方が飼っているワンちゃんのスイミングタイムに行くというので、私達も西桟橋へ。

そのワンちゃんは泳ぐのが大好き。得意な犬かきで西桟橋の
浜から突端までスイスイ スイスイ ~ (竹富島にいる犬の9割は泳げるらしい)
突端まで行ったら、桟橋にあがって『ほめて~いいこいいこして~』と
私達の足にすりすり(^0^) かわいい♪

同じ宿の隣の部屋に泊まっていた一家もあとから来て
皆でワンちゃんの犬かきを見て楽しみました。
旅って面白いもので、その一家は我が家の隣町に住んでいる方達だったのです( ̄口 ̄;)!!
家、近すぎ!

そのあとは、かるーく島内観光をし、竹富島と涙のお別れ。

外周道路に咲いていた でいご



石垣島ではレンタカーをかりて、目的地明石食堂へ。
駐車場には「わナンバー」だけでなく、地元の方達の車もいっぱい。
美味しいソーキととんかつに大満足~♪

そして、伊原間サンセットファームへ。
石垣島北部の丘の上にあり、町やキレイな海が一望できるお店。
ここは昨日、同じ宿だったお姉さんおすすめのスムージーが目的。

パイナップルとベニイモ


これがすごーく美味しくって。飲み干すのがもったいないくらい。
今でもこのスムージー目的で、石垣へ行きたいくらい。
ホントに美味しかった。

午後はバンナ岳へ行って、ちょっと遊ぼうと思って車を走らせた。
しかし「ハブに注意」「ハブに注意」「ハブに注意」「ハブに注意」「ハブに注意」の看板が
100メートルに一個くらいの間隔であった(@_@;)
遊んでいる人や歩いている人もいたけど・・・怖くて降りられなかった。

ちょっと早いけど、ホテルにチェックインをしリラックス。

その頃、4日間パンを食べていない私はクロワッサンが食べたくて
頭の中はクロワッサンのことだらけ。

しかし、夕食は八重山旅行最後の夜をしめくくるにふさわしい、バーベキュー★
食後はその場で島唄民謡ショーで家族皆盛り上がり\(^0^)/
唄っていたお姉さんから「リクエストはありますか」との質問に
娘は「涙そうそう~」とリクエスト。
皆さんカチャーシを踊りましょうというと、娘はさらに盛り上がり!!!
踊ること踊ること(;^_^A

舞台にあがりカチャーシを踊る娘 (かなり写真ブレてます)


最後はバーベキューをしていたお客さんがたくさん舞台にあがり
大盛り上がり。そしていきなり大雨。

楽しかったショーもバタバタっと終了。
娘は「楽しかった~♪♪♪大きくなったら沖縄に住んじゃうかも~」って。

楽しんでくれてよかった。

翌日、朝食にクロワッサンはなかったけど、食べたかったパンを思う存分食べて
思う存分お土産を買って自宅へ帰りました。

4泊5日はあっという間だなぁ。

 


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

竹富島の旅 つづき [八重山旅行2007年 春]

4月の八重山旅行3日目は竹富島でのんびり

美味しい朝食を食べた後、自転車であか山丘へ

赤山公園に立つ『なごみの塔』 赤瓦の集落が一望できる
  

竹富島のまち   ここから撮った景色はガイドブックやパンフレットによく載っている 


西表島を望む  


もう少し高いところから写真を撮れば、キレイな海も写るけど。怖くて膝が伸ばしきれない。

石垣島の山が少し見える


ぽーぽーの美味しいお店が見える


階段は急で幅が狭い (^_^;A     降りるときは慎重に慎重に・・・
   

足が全部入らないほどの幅


目で見ると、とってもキレイな町並み。はぁまた行きたくなってきた。

では次へ出発!

まちなみ館 竹富島の公民館 選挙の投票所にもなるそうです


普通の景色も観光客の私にとっては特別なものに見えてしまう。

世持御嶽のでいごの木


ここであった島のおばぁが『この2年くらい花がほとんど咲かないさー 学者が研究中さー』と教えてくれた
満開になったらキレイなんだろうな。。。


皆治浜の入り口       



☆星の砂・太陽の砂 探せるかな☆



お昼は竹の子   竹の子の八重山そばはGOOD!! 胡椒科の香辛料、ピィヤーシも最高!!!     食事中グラッと揺れた。震度1の地震だった。しばらくすると島内アナウンスが流れた。
『地震の為、津波が起こる可能性があるので、海には入らないように・・・』
今からコンドイビーチに行こうと思っていたので、ビックリ。
島では小さな揺れでも津波に注意。

しばらくして、津波注意報が解除されたのでコンドイビーチへ行きました。

コンドイビーチ   一瞬凹面鏡のようにみえる?けど、単にカメラが右に傾いただけ (^^)


すいすい泳ぐ白いさかな


前日は旧暦3月3日の浜下り。
女性は海水に足を浸して、身を清めるという風習があるそうです。
竹富島では海へ行かないと蛇の子を産むといわれているようです。

しおがひいてどこまでも歩いていけるので、皆もずくとりをしていました。
私達がお世話になった、ヴィラたけとみさんでは、とりたての美味しいもずく料理がでました。

しおがひいている西桟橋 


桟橋の先に泳いでいたさかな ルリスズメダイかな 

黄色のハイビスカス 可愛い



明日は竹富島とさようなら

あっ思い出した!!!
そうそう、2日目に撮ったこの写真、というかこの場所にいる私達。
竹の子さんのホームページ内のブログにちーーーさく後姿が載っているのを思い出しました\(^o^)/



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

竹富島の旅 [八重山旅行2007年 春]

4月の八重山旅行2日目は竹富島

石垣島から船で10分。近い \(^0^)/

竹富島へ行くのは4回目。まだまだ行ってない場所、知らないことがたくさん。
楽しみ♪楽しみ~♪♪

竹富島へ着いたら、まず2日間お世話になるヴィラたけとみさんへ。
まだ体調がすぐれない娘は畳の部屋で一休み ZZzzz
そうだよね、朝まで38度くらいの熱があったんだもね。お疲れ様、でも頑張って (^_^;A
暑いのにマスクしていて苦しくないのかな。

滞在中は天気がよさそうなので、滞在期間中レンタサイクルを借りることにしました。
普段電動自転車を乗っている私にとって、普通の自転車はちょっぴりキツイ。
息子も大きくなったから、重たいし。早く自分でどこでもこげるようになって~。

さぁそろそろ、水牛車のりに行こう!
竹富島=水牛車 の我が家。
私は水牛車が大好き。

水牛車がサンゴの道を歩くときの音      し  ゃ  か       し  ゃ  か  

(2005年に行った時の水牛くん)


ゆーくりと歩いて竹富島を案内してくれて、竹富の時間が流れる・・・
はじめて乗ったときに『歩いて5分の道を水牛車で30分かけてご案内・・・』
と聞いて驚いたけど、そこがいいトコ。

案内人の方が三線を弾きながら唄ってくれる沖縄の唄や竹富島の歴史や町の話
案内する方により、話す内容や話す雰囲気が異なるから何度乗ってもたのしい

最高の癒し

初めて乗ったとき私は船酔いしていた。しかし、水牛車に乗ったらすっきりした。
薬より効くかも

体調がすぐれなかった娘も水牛車に乗ってるうちに、徐々に回復。
後半は水牛案内のお姉さんと安里屋ユンタを大きな声で唄って、絶好調!?

あっまた息子が寝てる!!前回も水牛車で寝ていた。
息子は乗り物に乗るとすぐに寝る子。車や飛行機ではありがたいけど、水牛車は起きてて欲しかったなぁ。
でもきっと気持ちよかったんだね。

あっという間の水牛車 最後は水牛さんと記念撮影をしてさようなら。
滞在中もう一度乗りたいな。

夕方は、コンドイビーチで夕日を眺めました。楽しい一日をありがとう♪


あーー沈んできた


あーーー沈んじゃった


西桟橋にいる人たちも絵になっていてよかったなぁ。


明日は竹富島をサイクリングしよう!




nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

与那国島の旅 [八重山旅行2007年 春]

4月に与那国島・竹富島・石垣島へ行ってきました。

一日目は与那国島。まずは羽田から飛行機で石垣島へ。
皆さんが撮っていたので、私もパチリ



沖縄本島くらいまでは順調に飛んでいたけど
石垣島上空(八重山諸島)は天候が悪く着陸できず
上下左右に揺れること1時間以上、石垣島上空を飛んでいました。


なんとか石垣島に着いたけど、今度は与那国島行きの飛行機が
強風の為飛ばず、一旦足止め (;_;)
しばらくして「与那国空港行き○○便は○○時に出発に決まりましたが
与那国島は悪天候の為、着陸できない場合は石垣空港へ引きかえしてきます」
とアナウンスが流れ ガーン ( ̄□ ̄;)!!与那国島へ行かれないかも。
でもとりあえず与那国島上空まで行ってみるってすごく嬉しい♪ パイロットさん頑張って!!
そして ブーーーーン ベルト着用したまま約30分 結局、石垣上空を飛んでいた時に比べ
ほとんど揺れずに与那国島へ到着。パイロットさんすごいなー。
よくあることだろうけど、本当にすごい。

そしてこのような悪天候でも飛べる飛行機を作った人、整備した人達・・・
改めて感動&感謝しました。

到着後、地元の方に「今日は台風並みの強風でしたよ」と教えていただきました。
驚きです (@_@;)
天候が悪いとか強風でとか言っても、ピンとこないけど
台風並みって言うと分かりやすいわ。

Tシャツ一枚で過ごせるのかと思っていたから、寒かった。
白波がたっている。


お昼は与那国島の有名カレーやさんで美味しいカレーを食べた後
与那国馬に乗って乗馬体験。
体が小さい与那国馬は心が優しくて、おとなしくって目がクリクリしててとっても可愛い馬。
私達の目線に近いから、とっても親近感がわくのよね。
子供達は与那国馬と約30分、草原を散歩をして、大満足♪♪♪

今回、与那国島へ行ったのは
『この前、与那国馬のお散歩(乗馬体験)が楽しかったから、また絶対行きたい』と言う
子供達の強い要望があったから。喜んでくれてよかった。

次の日は晴天


旅の疲れか、娘が発熱。
急遽、町の診療所へ。待合室には畳の場所があり、とっても落ち着きました。
診療所の方達は皆親切で、心が和みました。またまた感謝です。

今回は一泊だけだから、診察後は飛行機出発時刻までドライブ

Dr.コトー診療所の撮影現場


ナーマ浜 前回行ったときは星の砂がたくさんありました(^o^)

この海の向こうには台湾があるのよね・・・ (110㌔先=石垣島より近い)


ちょっと星砂探しをした後、空港へ向かいました。
24時間くらいの滞在だったけど、とっても楽しかった♪

つづく・・・


 

 

 


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
八重山旅行2007年 春 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。